一般的に

内定や、採用の通知書を受けとったときには、通知書を送付してきた会社に対して折り返しお礼状を送ります。就職活動の中で一番最後に行われる過程で、内定をもらった者が企業あてに出す手紙、お礼状の事を言います。一般的に就職のお礼状は、採用してくれた事への感謝の気持ちの他、その会社での働く意気込みなどを書いて送るものです。

人によっては、お礼状は出していない人もいます。絶対のルールというものはありませんので、お礼状を出すかどうかは自分で決めましょう。最近は大学などの就職課や学生課などでも、内定した会社に対してお礼状を出すように指導しているところが多いようです。

以前に比べてお礼状は出している人が増えており、最近はそれが礼儀となりつつあるので、内定をもらった会社には、できる限りお礼状を出すように心がけましょう。内定をもらってから何日も放置しておかずに、できるだけ早い段階で、企業にあてて採用のお礼状を書くようにしてください。

就職活動に限らず、お礼をする場合には、気持ちを伝える為にも、あまり時間が空けないようにすることが大切です。お礼状を一緒に提出しなくてはいけない書類がある時には、時間を掛けないように、出来るだけ早く準備するようにしましょう。

相手に送るべき書類を整えるのにしばらく時間を要する時には、お礼状だけを先に投函し、書類が揃ったらそれから送るようにします。就職のお礼状は、相手の印象にも残るものであり、人事担当者は入社後に会う可能性は高く、場合によっては一緒に働く事になるかも知れません。就職のお礼状はできるのであれば翌日に送りましょう。遅くとも1週間以内には発送できるように準備することをおすすめします。フルーツ青汁の通販サイト