ウィッグのヘビーユーザー

会社の友達に、ウィッグのヘビーユーザーがいます。その方はちょっと見、普通の主婦なのですが、知っている人は少ないですが、ものすごいコスプレマニアなのです。キャラクターに合わせて地毛をカラフルに染めていることがあり、そういう時は、ブラックのかつらをかぶって仕事をしています。

今どきのウィッグは、超ナチュラルに出来ていて分かりにくいので、鈍感だと気づかないでいる人もいます。ウィッグを使用するというのは、別人になれる感覚を味わうアイテムでしたが、まさか、変身している自分を隠す為に使っている人がいるとは、考え方が広がりました。

今どきの若い子たちは、「服やシチュエーションに合わせてウィッグを変える子」がいたり、「カラー禁止のバイト先では、黒いウィッグで仕事をしている人」がいたりと、ファッションや状況によって、ウィッグを使いこなすのは珍しくないとのことでした。私も考えを柔軟にして、日常を豊かにするアイテムのひとつとして、ウィッグを利用してみようかな、と考えています。